婚活疲れ~婚活で断られる女性がしている10のNG行動

ここでは、お見合いや、仮交際、真剣交際において、なぜかお断りされる人について、自然にやってしまっている行動等についてあげてみます。

いつもは上手くいくのにたまたまお断りされてしまった。それはその方との相性が単に合わなかっただけの可能性も高いため、そんなに気にする必要はありません。

でも、もしお断りが続く場合。それは、必ずあなたのどこかに原因があります。でも、客観的に見れないため、なんでだろう。と思いながら活動を続け、たいていの場合時間を浪費します。

友人やプロの婚活カウンセラーに相談し、原因をはっきりさせることが、成婚の近道です!

女性が気付かずやっているNG行動
~思い当たるふしはありませんか?

お断りされる女性が自然としている主な言動について、まずは列挙してみます。

  • ①男性がお支払いしてくれていることに対するお礼や気遣いが欠けている。
  • ②自分を素敵に見せようと、高そうな服やカバン等で着飾っている。
  • ③服やメイクは綺麗だが、靴が古い、手入れが行き届いていない。
  • ④家庭的なイメージがしない(仕事の話中心、ネイルが完璧、等)。
  • ⑤デート中に無意識に相手を値踏みしている(採点している)。
  • ⑥距離が縮まる感じがしない(縮めようとしていない)。
  • ⑦デートの日程や待ち合わせ場所、行き先等がいつも自分の都合優先。
  • ⑧自分の話ばかりしている。
  • ⑨待ち合わせ前に、素でスマホをいじっている姿が暗い印象、姿勢が悪い等。
  • ⑩食べ方がきたない。マナーがなっていない。

  • ①男性がお支払いしてくれていることに対するお礼や気遣いが欠けている。

実はこれ、多いんです。気を付けてくださいね。

IBJでは、お見合いの際のお茶代は、原則男性側が支払うことになっています。ですので、お見合いが終わって、払って頂くこと自体はOKなのですが、中には、さも当たり前といった感じでお礼も言わない女性がいらっしゃいます。

初めて出会う女性がそのようなふるまいだったら、男性は”基本的マナーが出来ていない女性だな”と思ってしまいます。損ですよね。お財布を手に持ったり、”すみません有難うございます”と言ったり。ちょっとした気遣いの姿勢が大切です。

また、無事交際中になっても、油断は禁物です。デートで毎回お言葉に甘えて支払を男性だけに任せているようでは、生涯の伴侶として選んでもらえる可能性は低くなります。

よっぽど魅力的な女性であればその限りではないですが、何回かに1回は女性が払ったりすることも大切です。

また、「いいよいいよ」といって下さる男性だったら、次回ちょっとしたお菓子や小さなもの(1,000円以下の、相手にとって受け取りやすいものがいいと思います)をお礼に渡すのもいいと思います。

一緒に家族としてやっていくつもりなのであれば、やはり気遣いが大切です。

  • ②自分を素敵に見せようと、高そうな服やカバン等で着飾っている。

お見合いや交際中のデートで、相手から良くみられようと、ついつい着飾ったりすることも、逆効果になる場合があります。結婚相談所で活動する男性は、お金について堅実な考え方を持っている真面目な方も多いもの。

目の前にいるお相手女性が、”綺麗だけどお金がかかっている”ように見え、しかもそれが毎回続いたら。

男性は「お金がかかる女性だな」と捉えてしまう可能性があります。特にキャリア女性は注意です。バリバリ仕事をして年収も高いと、上質なものを沢山買えます。本人に何も悪気はないけれど、男性に”自分とは少し違うな”と思わせてしまう可能性があります。

一方で、全身安い服装・小物で身を包めばいいかというと、それは程度によりけり。

ブランドものなどではないけれど、清潔感があって、自分に本当に似合うものを身に着けている人が一番自然で魅力的だと思います。

あなたは自分に似合うものを知っていますか?せっかく婚活するなら、自分に似合う色や服のシルエット、メイクなどについて改めて考えてみるのもおすすめです。

  • ③服やメイクは綺麗だが、靴が古い、手入れが行き届いていない。

服やメイクなどはバッチリでも、ふと足元をみると、靴が古かったり、ヒール部分の皮がめくれて傷んでいたり。そんなケースも残念な事例です。

よくおしゃれは足元から、というように、本当に素敵な人”は髪から足元まで手入れが行き届いています。

また、新しくて綺麗なヒール靴を履いていても、履きなれていない場合は、取って付けた感が出ます。

歩く姿勢がぎこちなかったり、猫背だったり。そうなる位なら、履きなれた靴で、すっと背筋を伸ばして歩く女性の方が好印象です。

自分の歩き方を目にする機会は中々ないかもしれませんが、少し意識してみるのも良いですね。

  • ④家庭的なイメージがしない(仕事の話中心、ネイルが完璧、等)。

初めて出会ったお見合いの場で、中々相手と家族として一緒にいるイメージは持てないかもしれません。

でも、その後交際に入り何度か会っているのに、女性側の話が頑張っている仕事の話メインだったりすると、

男性は妻としてその女性が一緒にいるイメージを想像しにくくなります。

別に悪いところはないんだけど、何か違うかも、という残念な印象を持たれかねません。

目の前にいる人は同僚やビジネスパートナーではなく、家族になろうかという人。徐々に距離を縮めることを意識して、自分らしさというか、素の部分も出していかなければ、良さが伝わりません。

また、いくら綺麗に見せたくても、毎回会うたびに完璧なネイルが施されていたら…。

毛今後に料理をしたり、子育てをしたり、という家庭的な面が想像しにくくなります。もちろん、ネイルと家事力などは本来全く関係ないもの。でも、見た目の印象で損することは大いにありますので注意が必要です。

  • ⑤デート中に無意識に相手を値踏みしている(採点している)。

女性は、知らず知らずの間に、相手の男性の採点をしがちです。

待ち合わせ場所をこんなところにするなんて。

こんな服装はちょっと。

この癖はいやだな。

等いろんなケースがありますが、自分の旦那さんに相応しいかどうか、減点方式で採点してしまったりします。

でも、そのような姿勢や雰囲気は、相手にも伝わってしまいます。

せっかく何かのご縁でお会いした人。相手のいいところを見つけたり、ちょっとしたことにも感謝する人の方が、いいご縁を掴んでいると感じます。

婚活の際だけ自分を着飾ったり取り繕うことは難しいもの。普段から意識して感謝や気配り、良い側面に着目するよう心掛けてみませんか?

  • ⑥距離が縮まる感じがしない(縮めようとしていない)。

学生時代の友人と付き合う場合、普段から一緒にいる同僚と付き合う場合などと違って、

お見合いで出会った人と交際する場合、最初から恋愛感情あってのものではないため、数回会っても中々距離感が縮まらないことは往々にしてあります。

そんな形にならないため、私がお勧めしているのは、交際になり、連絡先を交換したあと、ちょっとしたことでもいいのでLINEなどで毎日やりとりをすること。そして出来るだけ毎週会うこと。「形」をつくることがとても大事です。

忙しい方の場合、中々難しいですし、女性からメッセージを送ったり次のデートに誘ったりすることは少し気が引けるのもよく分かりますが、考えて欲しいのは、

「もしなんとなくうまく行かずに交際終了となっても、後悔しませんか?」

ということ。

本気で結婚を目指す人は行動も異なります。もし全て男性側からの受け身でと考えているならば、成婚はかなり遠い道のりを覚悟することも必要です。

いつまでにどのくらい本気で結婚したいのか、もう一度自分に尋ねてみませんか?

当相談所でもっと話を聞いてみたい方には

代表の山本です。
あなたのお悩みを解決します!​

当相談所では、婚活×キャリ活×マネー活をトータルでサポートしています。

是非お気軽にご連絡下さい!

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

無料相談予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

080-2484-0849

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

イベント情報

予約制
キャリアエレメンツカード体験

MIRAI DESIGN CONCIERGEのイベント情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

日本結婚相談所連盟

MIRAI DESIGN CONCIERGEはIBJ加盟の結婚相談所です