最近の動き・ニュースに関する見方

ここでは、最近の動き・ニュースについて、私自身が感じること、独自の見方・考え方をお伝えしています。

必ずしも婚活に直結することばかりではありませんが、会員さまにとって少しでも何かの参考になれば、と思っています。

当相談所仲人のモノの考え方

前提として、当相談所の代表は、以下のような思考の特徴があります。

  • ポジティブなこと、ネガティブなこと、何れであっても、その中には必ず今後に繋がる重要な示唆があると考えている。
  • 一つ一つの情報について、報道されている表面的な情報だけに捉われず、本質ははどこにあるのか、考えることを重視。
  • 違和感、直感を大切にして考える。

(2020年3月13日記載)
新型コロナウィルス
~2020年3月下旬以降、コロナ倒産・コロナリストラが激増の予感

新型コロナウィルス感染拡大防止による自粛ムードのあおりを受け、日本でも海外でも、コロナ倒産が徐々に増えつつあります。

しかしながら、これはまだ始まりに過ぎず、今後一気に増加し、いずれ「え、あの企業が」という有名な企業まで立ち行かなくなるケースが出てくるとみています。

正直、肌感覚としては、リーマンショックの影響を超えるのでは?と思ってしまいます。

街を歩いていても、飲食店は空いていて、ショッピング施設等も人は以前に比べて少ない。今後の景気影響を考えると、怖ささえ感じます。

このような状況下、今後、幅広い業種において、従業員の方々がリストラ・ボーナス減にも見舞われることになると思います。企業側も(本当にコロナ影響はあるとしても)ある意味コロナで理由付けをして人員削減等、固定費削減に努めるのではないかとみています。

皆さんの所属企業は大丈夫でしょうか?

今回のように、「①前例が少ないため先が見通しにくく、②急速に、③広範囲で(世界的に)起こった悪影響」に直面した際でも生き残れる企業というのは、

①なくてはならない物・サービスを提供している企業

 (そうでない場合は、顧客に「選ばれる」何らかの強みを有していること)

②緊急事態を乗り切るための余力が相応にあること

この2つが揃っている先だと考えています。

もし、①に該当する企業であれば、その製品・サービス自体は非常に魅力がありますので、苦境に陥った際にも、他の企業が買収・支援することが想定されます。特段製品・サービス自体に強みが少なくとも、顧客基盤や、販売網が優れていれば、それを欲しいとする企業が最終的に取り込むことがあります。

また、②については、当面の資金繰りをしのげるだけのキャッシュ、売却可能な資産をどれだけ有しているかがものをいいます。政府は企業の資金繰り支援も行うようですが、借りても先々返せる見通しが立つ企業でなければ、根本的な対策にならないと思っています。例えば、インバウンド需要に頼りすぎている、といった企業であれば、それを短期的に解消することは難しく、借り入れは膨らむ一方になってしまいます。

例えば、マスクなどの業界は、純粋に今回の件で「需要増」が生じ、収まった後も、今回こりた国民がある程度備蓄したりすることも想定される中、従前比でみれば需要はやや高い水準に落ち着くとみられます。

また、テレワーク用の機器・サービスや、子供のオンライン学習関連サービスは、今回期せずして数多くの企業・個人が使用し必要性・利便性を実感したことにより、需要増は継続するとみられます。

一方、トイレットペーパーなどは、1人当たりの使用量は変わらないことから、現在買いだめが起こった分、反動減が起こるだけとみています。

また、近年増加してきた、シェアオフィスの動向は、少し不透明だと感じています。今後世界的に本格的に景気後退に陥れば、企業やフリーランス・個人事業主は、固定費削減のため、シェアオフィスの契約解除の動きも出るはずです。シェアオフィスは、景気の落ち込み具合次第で、今後の動向が変わってくるもので、個人的には少し注目しています。

(2020年3月16日記載)
大阪市の小学校一斉休校に課題あり

現在、大阪市でも新型コロナウィルス感染防止拡大策として、小学校が一斉休校となっています。当初、3月13日までの予定でしたが、22日まで延長されています。

休校開始当初は、我が家においても、小1の長女についてどのように対応するか懸念しておりましたが、現在では、①タブレット型通信教育の良さを改めて実感(我が家ではスマイルゼミを使用中)、②子供が料理など、親の手伝いに強い関心を示すようになり、実行中、など、こんなことがなければ気付かなかった/起こらなかった、こともあり、ある意味メリットも少し感じております。

しかしながら、この「小学校一斉休校」の在り方は、私がいる大阪市中央区に関しては課題があると感じています。

小学校からは、一斉休校前にプリント配布、宿題の通知がなされた後、再度休校延長時には、音読、数を数える練習等を追加でするようお知らせが来ました。が、それだけであり、親としては正直「え、これだけ??」とも感じました。

結局のところ、今回の休校は、ほぼ親のハンドリングに任されており、おそらく会社員のご両親は大変苦慮されていることと感じます。

今回は、ある意味「前例のないこと」であり、「やむをえない」ことと感じますが、中国などでは「オンライン授業」が行われていることを考えると、日本はかなり遅れていると実感します。

今後も、新型コロナウィルスに限らず、類似の緊急事態により、一斉休校の事態は十分考えられます。そうした場合に備えて、今後早急に、一般の小学校でも広くオンライン授業の体制を整えていくべきだと感じます。

また、現時点でも、YouTubeチャンネルを開設し、(さすがにクラス毎は手間なので)各学年、教科毎に録画し、関係者だけアクセスするといったことも可能なのではないでしょうか。

もはや現在の小学生にとっては、すでに決められた科目の問題を正確に理解し解く能力だけでは、優秀な社会人にはなれません。「答えのない事象に対し、それまで培ってきた経験、知識の組み合わせで、どう発想し、周辺と協力して実行し、対応していくか」という、臨機応変な思考回路、実行力こそが必要なものだと強く信じています。

だからこそ、学校という場でも、新しい取り組みをどんどん実行していくことで、その背中を子供たちに見せ、将来、このコロナショックを振り返った時、「当時の大人はこう対応していたような記憶があるな、だから今回はこうしようか」といった行動・発想が出来るようにしていくべきだと思っています。

是非大阪市でも次回の類似事象発生に備え、何等かの取り組みが出てきてほしいと思っています。

当相談所でもっと話を聞いてみたい方には

代表の山本です。
あなたのお悩みを解決します!​

当相談所では、婚活×キャリ活×マネー活をトータルでサポートしています。

是非お気軽にご連絡下さい!

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

無料相談予約・お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

080-2484-0849

フォームでのお問合せ・ご相談は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

イベント情報

予約制
キャリアエレメンツカード体験

MIRAI DESIGN CONCIERGEのイベント情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

日本結婚相談所連盟

MIRAI DESIGN CONCIERGEはIBJ加盟の結婚相談所です